スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの景色

11 27, 2013 | 独り言

0
ここの景色が好きだ。
毎回通るたびにため息が出る。ん…好きだ。
だから同じ風景に思わずシャッターを押す。
そういう場所はいくつかの山にいくつかあって、
だから山に行くと落ち着ける。
特にここが好きな理由は、
吹雪の稜線から樹林に入ってホッとした時に出迎えてくれるからだし、
なんと言ってもこの場所を通り過ぎたら、
大好きな山小屋があるからだ。
だから毎回毎回、
同じ景色に思わずシャッターを押してしまうんだ。

冬が来た2

ANSEILEN / T.Kawana

スポンサーサイト

風の音

12 26, 2011 | 独り言

0
聞こえているはずの風の音が無くなるんだ…
じっと耐えて待っている時。
聞こえているのは 吐く息と心臓の音。

そして永遠の様な実は以外と短い時間が過ぎて
伸びたロープが動き出した時、
雪片がフードに叩きつく音が、
思い出したように けたたましく聞こえ出す。

ロープに感じるジリジリと近づく仲間の鼓動…

向けられなかった顔を思い切って風に向け、
雪が付いたフードをこすると、
真っ白な空間に赤いヤッケが一瞬見えた。

こういう時は不思議と寒くない。
全身が熱くなる。

もう少しだ。頑張れ。

「以外と好きだな…」
この世界に
ひとりっきりではないと感じる…この瞬間。

風の音


島の長老

05 06, 2010 | 独り言

0
見上げるとその鼓動が伝わり
心の中でどきどき音がした

あなたはいつからここにいて、
そしていつまで見守ってくれますか?
心をつなぐ…目に見えないが確かにそこにある糸
そしてその振動を感じられる心地よさ

ここにいてくれてありがとう


島の長老
ANSEILEN

屋久鹿に出会う時

03 23, 2010 | 独り言

0
君に出会う時
僕は空を見ていたよ
空はとても蒼くて澄んでいた

君はとても自然に
僕に近づいてきたね
君の大きな瞳の中には
空をバックにした僕が写っていたよ

君が不思議そうに少し首をかしげたのは
僕の瞳の中に君がいたからかな

屋久鹿に出会う時
屋久島・坊主岩の辺りにて

ANSEILEN

吹雪の中で…

11 09, 2009 | 独り言

0
ホワイトアウトの中で行動をしていると
不思議な感覚になる時がある

天国へ行く道はこんな感じなのかな…

フワフワした雪に乗り
サラサラとした雪が頬にあたる
前を歩く君の姿が一瞬消え
またスッと現れる

風の音が激しくフードを踊らせていたかと思うと
パタッと音が消えた

風か止んだのかな…
自分の吐く息と 心臓の鼓動だけが
白い白い空間にこだまする

君がまた消え
ほんの一時が一生のように感じていると

  …また君が現れた


天国へ行く道はこんな感じなのかな

吹雪の中で…
ANSEILEN

Next Page »

RSS
プロフィール

ANSEILEN

Author:ANSEILEN
*******************
ANSEILEN (アンザイレン)
※登山用語

パートナーと
ロープを繋ぎ合うこと

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。